なぎさの森おーいにボランティア

今回はなぎさの森おーいにボランティア、通称[なぎボラ]さんを訪問させていただきました。

なぎさの森おーいにボランティアは平成14年9月に設立され、主に大井ふ頭中央公園 なぎさの森にて活動を行っています。土日での活動が多く、その活動内容は森や干潟の清掃、花壇の管理、地域のイベント参加など様々です。

それでは実際の訪問内容を書いていきたいと思います。

まず、なぎさの森管理舎に集合した私たちは、管理舎に置かれている標本や写真に驚きました。

 

これらすべてがなぎさの森で採れたものではないそうですが、実際に自然のものと触れる機会の少ない都内でこういった経験ができるというのはとても素晴らしいことだと思います。

最近自然と触れ合う機会がないという方はぜひ訪ねてみてください!!

さて、今回私たちはただ管理舎の見学に行ったわけではなく、団体訪問、体験に来たのです。ありがたいことに活動に参加させていただきました。この日の活動は干潟の清掃でした。軽く見渡したところ、そこまで多くのごみは見当たらなかったのですが、よく見てみると波に流されて漂着したごみが土や植物の隙間に挟まっていてかなりの量がありました。一時間ほどの活動で10袋以上のごみ袋がいっぱいになってしまいました。


 今回の活動は午前中で終わりだったので、団体訪問の内容も以上です。なぎボラの皆さんは活動後に少しミーティングをしていました。

第二回団体訪問では、インタビューはできませんでしたが実際に活動に参加させていただくことができたので、とても良い体験になりました。今後も様々な活動を体験させていただけれるように、良い団体訪問を続けていけたらと思います‼

Apatite

地下アイドルライブの運営や企業の取材など自分たちの好きなことをワガママに企画し行動する。 考える力を養い、プロデュース力を鍛える学生中心の団体。

0コメント

  • 1000 / 1000